●第2展示室[所蔵品展]

  里山里海
 
会 期 2021年2月27日(土)~4月18日(日)
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日
観覧料 一般350円(280円)、大高生280円(220円)、中学生以下無料
( )は20名以上の団体料金
※「国民の祝日」は70歳以上の方は無料になります。
主 催 石川県七尾美術館(公益財団法人七尾美術財団)
 

 2011年6月、能登半島に広がる「能登の里山里海」は、日本で初めて世界農業遺産に認定され、今年で10年となります。多様な生物資源を有し、伝統的な農林漁法が残り、守られてきた営みが次世代へ受け継がれるべきものとして評価されたのです。

 本テーマでは豊かな里山里海が残る能登の自然風景を中心に、輪島塗に代表される能登の美術工芸や、他地域の特色ある生活文化に注目した作品も取り上げ、風土と密接に結びついた作品を絵画・彫刻・工芸・写真・書から、28点で紹介します。

 
 
出品作品

「七尾城址・能登島図屏風」
上田珪草 個人蔵

「カブラ絵合鹿椀」
当館蔵(池田コレクション)

「冬の道」
斉田正一
当館蔵

 
 
 
 

〈同時開催〉

●第1展示室[所蔵品展]

太陽と月

 

 地球上では毎朝太陽が昇り、毎夜月が輝きます。このように途切れることなく繰り返し描かれる軌道と月の満ち欠けは、生・死・再生の象徴として、古くは墳墓内の壁を飾り、仏画に描かれるなど吉祥文様とされてきました。また、人々は日々の生活の中で太陽や月を道標とし、折々には初日の出や名月を楽しむなど、太陽と月にまつわる風習が数多く残っています。

 本テーマでは太陽と月や、その光が映し出す風景、それらを象徴するモチーフなどを、絵画・彫刻・工芸から19点を紹介します。

 
 

「赤楽山文茶碗 銘焼」
樂 惺入
当館蔵(池田コレクション)

「黎明’74」
勝本冨士雄
当館蔵

出品作品

「涅槃図」
長谷川等誉
当館蔵

出品作品

「兎」
吉田雪山
当館蔵

 
 
 
 

〈同時開催〉

●第3展示室[所蔵品展]

〈小特集〉池田コレクション展示「やきもの組物」

 

 「組物」とは同じ意匠の器が複数揃ったものをいい、古来より祝いの席などで盛んに用いられてきました。

 本テーマでは七尾市出身の実業家・池田文夫氏(1907~87)が蒐集し当館所蔵品の中核を成す「池田コレクション」から、陶磁器の組物10点を紹介します。

 
 

「志野草花文向附」

「織部草花文向附」

「絵唐津草花文平向附」

「色絵山水図四方形小皿 古九谷」

※全て当館蔵(池田コレクション)
 
 

出品目録 【PDFデータ】