●第1・2・3展示室[企画展]

展覧会ポスター

世界が絶賛した浮世絵師

北斎展 〜師とその弟子たち〜

 
会 期 2018年8月4日(土)~9月17日(月.祝)
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 会期中無休
観覧料 一般800円(700円)、大高生350円(300円)、中学生以下無料
※( )は20名以上の団体・前売料金
※「国民の祝日」は70歳以上の方は団体料金になります
前売券 ローソン・ミニストップ、ファミリーマート、サークルK・サンクス、セブン‐イレブンで取り扱い(JTB商品番号:0249151)
※前売券の発売は7/4から8/3まで。
主 催 石川県七尾美術館(公益財団法人七尾美術財団)
後 援 石川県教育委員会、七尾市教育委員会、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ、テレビ金沢、HAB北陸朝日放送、エフエム石川
 

 葛飾北斎(1760〜1849)は、広重、歌麿、写楽などと並び江戸時代後期に活躍、世界が絶賛した浮世絵の巨匠です。「冨嶽三十六景」の赤冨士や浪冨士、『北斎漫画』など代表作はもとより、現在でもその評価は色褪せず、絶大なる人気を誇ります。約90年に及ぶ波瀾万丈の生涯において、肉筆・版画・摺物による美人画・風景画・役者絵・妖怪絵など、様々な名作を生み出しました。

 北斎は海外でも知名度が高く、輸出用陶器の包み紙として使われた『北斎漫画』に衝撃を受けたフランスの美術家たちから、その評判は瞬く間に広がってジャポニスム・ブームを巻き起こしました。特にヨーロッパでは「浮世絵=北斎」といわれるほど、その名が知れ渡ることとなったのです。

 本展では、北斎の奇抜な発想、大胆な構図、独創的な色使いによるバラエティー豊かな作品群に、北斎に影響を受けた弟子たちの作品、北斎に魅せられたフランス人画家アンリ・リヴィエールによる「エッフェル塔三十六景」をあわせた約200点を展示し、北斎芸術の全貌に迫ります。

 なお、会期中は家族で楽しめる関連イベントも開催しますので、是非お楽しみください。


 

「自画像」(肉筆画)
葛飾北斎

「冨嶽三十六景 凱風快晴」
葛飾北斎

「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」
葛飾北斎

「冨嶽三十六景 甲州石班沢」
葛飾北斎

 

「百物語 さらやしき」
葛飾北斎

「三竦の図」(肉筆画)
葛飾北斎

「手紙を読む女」(肉筆画)
葛飾北明

「エッフェル塔三十六景 建造中のエッフェル塔、トロカデロからの眺め」
アンリ・リヴィエール

 
 
 

展覧会チラシ【PDFデータ】

 
 

■関連イベント

○オープニングセレモニー&ギャラリートーク
日時…2018年8月4日(土) セレモニーは午前10時~約30分

  • セレモニー参加者には、本展オリジナルコースターをプレゼント。
  • セレモニー中ご観覧希望の方は、しばらくお待ちいただくか、逆回りで展示室にお入りいただきますのでご了承ください。
  • セレモニー終了後、本展監修者・中右 瑛 氏(国際浮世絵学会常任理事)によるギャラリートークをお楽しみいただけます。

○北斎ぬりえ
会期中随時、北斎の作品ぬりえが楽しめます。あなたは赤冨士派?それとも青冨士派?

○記念撮影コーナー
江戸時代の風景にタイムスリップしよう。

※全て参加無料。ただし、「ギャラリートーク」「北斎ぬりえ」「記念撮影コーナー」は、高校生以上の方は観覧券が必要です。
※イベントは変更の可能性があります。