●ごあいさつ●●●●

七尾市は、古くから能登の政治、経済、文化の中心として栄え、桃山美術の画聖と讃えられる長谷川等伯生誕の地でもあります。 偉大な芸術家を育んだ背景には、当時の都の文化を積極的に取り入れて育てた畠山文化と、交易で栄えた町衆の経済的豊かさがあったといわれ、その文化的素地は、静かに、そして、脈々と現在に伝えられてきています。 石川県七尾美術館は特色ある美術館として、そんな等伯の作品を大型ハイビジョンで鑑賞できるようにしたほか、講演会やコンサートが可能な240席のアートホール、そして、作品発表の場となる市民ギャラリーを備えております。 能登地区唯一の総合美術館として、年間を通じての様々な企画展の開催によって、優れた美術品に接する機会の提供と、未来を担う青少年の学習の場として、また、地域の多くの皆様の芸術文化活動の拠点ともなるような、開かれた美術館をめざしております。 インターネットを通して当館の様々な情報を提供してまいりますことで、石川県、能登地区の皆様にとどまらず、広く全国の皆さまに親しまれる美術館でありたく願っております。

石川県七尾美術館館長 嶋 崎 丞