当館の所蔵品は主に「池田コレクション」と「能登ゆかりの作家・作品」に大別されます。

 「池田コレクション」は七尾市出身の実業家である池田文夫氏が蒐集した美術品であり、本コレクションが七尾市に寄附されたことが当館建設のきっかけとなった重要な作品群です(詳しくは別記にて)。

 また、当館は現時点における能登地方唯一の総合美術館として、能登ゆかりの古今の作家や作品を幅広いジャンルで紹介することを重要なテーマとしています。

 「能登ゆかりの作家」として真っ先に思いつくのはやはり能登七尾出身で桃山時代に活躍した画家・長谷川等伯(1539~1610)ですが、その他にもあらゆる時代において、絵画や彫刻、工芸など様々なジャンルでゆかりの各作家がそれぞれ優れた作品を制作しており、当館ではそれらの作品を開館以来蒐集してきました。

 ここでは当館が所蔵する作品のうち、中核コレクションである「池田コレクション」および、長谷川信春(等伯)が若い頃に描いたとされる作品4点を紹介します。