●第1・2・3展示室[企画展]

拡大する

 

黄金期の浮世絵

歌麿とその時代展 -美人画と役者絵

 
会 期 2021年8月23日(月)~9月12日(日)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため7月31日(土)から8月22日(日)まで臨時休館となり、
8月23日(月)からの開催となります。
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 会期中無休
観覧料 一般800円(700円)、大高生350円(300円)、中学生以下無料
※( )は20名以上の団体料金
※「国民の祝日」は70歳以上の方は団体料金になります。
主 催 石川県七尾美術館[公益財団法人七尾美術財団]
後 援 石川県、石川県教育委員会、七尾市教育委員会、NHK金沢放送局、MRO北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、HAB北陸朝日放送、エフエム石川、ラジオななお
監 修 中右 瑛 (国際浮世絵学会常任理事)
企画協力 E.M.I.ネットワーク
 

 錦絵が最も華やかに展開した天明・寛政期(1781~1801)、この浮世絵黄金期に活躍したのが美人画で一世を風靡した絵師・喜多川歌麿(1753?~1806)です。歌麿は背景に雲母摺りを施した豪華な錦絵や、女性の顔をクローズアップして表情豊かに表現した「美人大首絵」などで注目を集め、繊細な描写による美しい仕草や、粋でオシャレな出で立ちをした女性像は、たちまち大人気となりました。

 また、同時期に美人画と並び人気を博したのが役者絵で、役者の一瞬の表情を大胆に捉えた東洲斎写楽(生没年不詳)や、歌舞伎ファンの理想をかなえた歌川豊国(1769~1825)らが、その代表格絵師として挙げられます。写楽や豊国の役者絵は、今でいう人気タレントのブロマイドとして、庶民がこぞって買い求めました。

 本展では、第1章《歌麿とその弟子たち》、第2章《栄之とその門人》、第3章《美人画の流れ-黄金期の浮世絵 天明・寛政期を中心として》、第4章《美人画の流れ-爛熟の化政文化 文化・文政期を中心として》、第5章《役者絵》、第6章《肉筆画》の6章構成で、歌麿とその弟子をはじめ、鳥居清長や烏文斎栄之、謎の絵師・写楽、春章らの勝川派や豊国率いる歌川派など、個性豊かな浮世絵師らによる美人画と役者絵に、肉筆画を含めた135点を一堂に展覧します。

 なお、本展は去年夏に開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、約1年延期しての開催となります。去年楽しみにしてくださっていたお客様はじめ、多くの方にご来館いただきたく、ぜひ関連ベントもあわせてお楽しみください。

 

喜多川歌麿
上:《両国橋 橋の上女たち》1795~96年頃
下:《両国橋 船あそびの女たち》1795~96年頃

喜多川歌麿
《青楼三美人》
1792~93年頃

鳥居清長
《当世遊里美人合 辰巳艶》
1782~84年

 

歌川国芳
《梅の魁》
1818年以降

勝川春章
《四世岩井半四郎の揚巻と
二世市川八百蔵の助六》
1776年頃

東洲斎写楽
《二世市川門之助 伊達の与作》
1794年

喜多川藤麿
《見立六歌仙》(肉筆画)
1801~18年頃

※出品作品は全て中右コレクション

 
 

展覧会チラシ【PDFデータ】

 
 

■関連イベント

○“きもの”でミュージアム♪
会期中、着物(ゆかた含む)でご観覧の方に、本展オリジナルコースターをプレゼントします。

○記念撮影コーナー
大きなパネルの前で記念撮影。粋な江戸の町にタイムトラベルしよう!

※全て参加無料。高校生以上の方は観覧券が必要です。
※イベントは予定で、変更の可能性があります。