●第1・2展示室[所蔵品展]

  伝えゆく池田コレクションの魅力

〈第1期〉~日本画・彫刻を中心に~、~美濃焼と漆工を味わう~
〈第2期〉~うつわバラエティ~、~イケコレでZOO~

 
会 期 〈第1期〉2020年6月27日(土)~8月2日(日)
〈第2期〉2020年8月8日(土)~9月13日(日)
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(8/10は開館)・8/11
展示替え期間 8/3(月)~7(金)
観覧料 一般350円(280円)、大高生280円(220円)、中学生以下無料
( )は20名以上の団体料金
※「国民の祝日」は70歳以上の方は無料になります。
主 催 石川県七尾美術館(公益財団法人七尾美術財団)
 

 平成7年(1995)4月に開館した当館は、今年春に25周年を迎えました。これもひとえに、多くの皆様のご支援・ご協力があってのことと、改めて御礼申し上げます。

 さて、当館は大きな2本柱があって建設、開館となりました。1つが能登七尾出身である長谷川等伯の作品を公開すること。そしてもう1つが、当館所蔵品の中核を成す、「池田コレクション」(詳細はこちら)を広く公開し、後世に伝えていくことでした。

 本展では、「池田コレクション」289点より日本画・彫刻・工芸作品を《第1期》《第2期》に分け、それぞれ2テーマで紹介します。この機会に、長年愛され伝えられてきた「池田コレクション」の数々を、ゆっくりとご堪能ください。

 

〈第1期〉~日本画・彫刻を中心に~、~美濃焼と漆工を味わう~

 第1のテーマ「日本画・彫刻を中心に」は、宮川長春の肉筆画や菱田春草ほか日本画14点と、平櫛田中などの彫刻作品6点を中心に、高橋介州の愛らしい動物表現による金工作品5点と氷見晃堂などの木工作品2点を加え、計27点を紹介します。

 また、第2のテーマ「美濃焼と漆工を味わう」では、当コレクションの中でも特に充実している、志野・織部・黄瀬戸といった美濃焼29点と、味わい深い根来など漆工作品14点の、計43点を紹介します。

〈第1期〉出品目録 【PDFデータ】

 
 
出品作品

「渓橋雨後図」
川合玉堂

出品作品

「美濃伊賀水指」

出品作品

「土部」
山崎朝雲

「硯箱」
小川破笠

 
 
 
 

〈第2期〉~うつわバラエティ~、~イケコレでZOO~

 多数の「うつわ」に満ちたこの世界。周囲にはなんと多彩な「うつわ」があふれていることでしょうか。用途に応じて様々な技巧が凝らされたそれらは、私たちの生活に一服の華を添えてくれます。第1のテーマ「うつわバラエティ」では、やきものや漆の「うつわ」の数々計40点を展示。

 そして第2のテーマは「イケコレでZOO」で、こちらは動物たちが主役。実在・想像問わず膨大な種の彼らによっておりなされる生命のいとなみが、美術工芸の好題となってきたのはいうまでもありません。動物が何らかの形でモチーフとなった作品を、絵画や工芸などより計30点紹介します。

 また本期では、池田文夫氏が七尾商工会議所に寄附した日本画「猛虎之図」(大橋翠石作)を特別出品。「池田コレクション」とのコラボ展示は今回が初めてとなります。かつて池田氏に愛蔵されていた両作品が七尾の地で久方ぶりに「再会」する貴重なこの機会、ぜひともご鑑賞ください。

〈第2期〉出品目録 【PDFデータ】

 
 
出品作品

「孔雀・雲龍図衝立(雲龍図面)」
横山崋山

「根来高杯」

出品作品

「色絵山水図瓢形大徳利 吉田屋窯」

出品作品

「不白茶碗 銘千鶴万亀」
川上不白

※全て当館蔵(池田コレクション)