アートホール・楽屋利用に際しての注意事項


●アートホール・楽屋利用に際しての注意事項●


  • 喫茶室・楽屋以外の場所での飲食はご遠慮ください。
  • 催物等に関する目録等がございましたら、美術館保存資料用として2部提出してください。
  • 催物内容が記載されたポスター等がございましたら、アートホール入口にて掲示いたしますので、ホール利用日にお持ちください。
  • 当館駐車場の収容台数は、普通車62台、大型車4台です。混雑が予測されるイベントについては近隣施設へご迷惑にならぬよう、駐車場係の配備等お願いします。
  • アートホール開場中は、入口に必ず1名以上の受付人をつけてください。(入場者のカウントのほか、ホール関係者のマナー注意をお願いします)
  • 催物等が終了しましたら、利用終了報告書に入場者数等をもれなく記入し、5日以内に提出してください。(FAX、メールなどでも可)
  • ピアノの調律や有料コンサートでの専門技術者による音響・照明作業等を行う場合、その手配や料金は使用者の負担となります。
  • 前日などに搬入等でホールを使用する場合も、ホールの使用料を申し受けます。

【利用の案内】

  • 火気、その他危険物は使用できません。
  • 会場での寄附金募集、物品販売、広告物配布、立看板の掲示は、事前に申請が必要です。

【利用当日】

  • 利用許可書は利用の際必ず提示してください。
  • 搬入、搬出時及び開催期間中は、美術館職員の指導に従ってください。
  • 許可された場所や設備以外を使用しないでください。
  • 扉や壁に貼紙をする際は、セロハンテープやガムテープなどの使用を避け、弱粘着のマスキングテープなどを使用してください。(壁紙が破れるおそれがあります)
  • 虚偽の申請や規則等に違反したときは、利用許可の取消しや利用の停止を命ずることがあります。
  • 美術館開館時は、極力大きな声や音を出さないように心掛けてください。(展示室やハイビジョンコーナー、エントランスに響きます)
  • 催物等開催期間中の事故につきましては、当館では責任を負いかねます。
  • 花類及び弁当等は預かりかねますので、受取可能時間を指定して直接アートホール宛てにお届けください。

【利用後】

  • 直ちに利用場所を原状回復してください。
  • 利用者の責により、館の展示品、または施設、設備品等に損害を与えたときは賠償していただく場合があります。
  • 搬入、搬出作業等で利用許可時間を超えた場合は、美術館施設利用延長報告書を提出していただき、これに基づいて追加使用料金を納めてください。
  • ホールで使用したスタンド花の台などは速やかに撤収するよう、必ず搬入業者にお伝えください。
  • ゴミ等は必ずお持ち帰り下さい。

【その他】

  • 入場料有料の催物等で著作権が発生する曲を演奏(使用)する場合は、社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)に申請する必要がありますので、直接下記団体まで手続きをしてください。
    社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC) 北陸支部 〒920-0853 金沢市本町1-5-2、リファーレ12階 TEL 076-221-3602