●池田コレクションとは●●●

 「池田コレクション」は、七尾市出身の実業家・池田文夫氏(1907~87)が生涯をかけて蒐集した美術品です。
 氏は戦後間もない昭和23年(1948)に岐阜県大垣市で紡績会社を設立、中部石川県人会会長、日本経営者団体連盟常任理事など重職を歴任し、中部地方きっての経済人として幅広く活躍しました。また、出身地七尾に対する多大な貢献から昭和59年には七尾市名誉市民に推挙されています。
 その一方で氏は若い頃より美術品をこよなく愛し、多忙を極める中でも日本・東洋・西洋の広範囲にわたり陶磁器や絵画、彫刻など数多くの作品を求めました。 氏の没後、蒐集した美術品を故郷へ寄附して欲しいという七尾市からの要望により、計125点の作品がご遺族のご厚意によって七尾市に寄附されました。寄附された作品は池田文夫氏の名をとって「池田コレクション」と命名、当時七尾市には美術品を所蔵・展示する施設がなかったことから当館が建設される大きな契機となり、平成7年(1995)に開館した当館における所蔵品の中核となりました。
 「池田コレクション」はその後も追加の寄附が行なわれ、現在は204点となっています。その内容は氏が活躍した岐阜県ゆかりの「志野」や「織部」といった陶磁器などの茶道美術品を中心に、近現代の日本画や「根来」などの漆工品などによって構成されており、池田文夫氏の優れた鑑識眼と美術品への深い愛玩を感じさせる、日本情緒あふれるコレクションといえるでしょう。

織部すすき文徳利

○織部すすき文徳利
員数:1口
技法1:工芸
技法2:陶磁器
制作年代:桃山時代(17世紀)
法量:径8.3cm 高16.1cm

 織部は桃山時代を全盛期として現在の岐阜県美濃地方で制作された美濃焼の一種で、形や色、文様などに見られる意匠の奇抜さ、自由闊達さを特色としている。
 底部から腰部にかけて段を作り、胴部はやや胴張りで立ち上がる。頸は極端に窄まり、口縁は外に折り返して端を垂直に折り上げている。頸から肩にかけては緑釉が掛かり、六箇所で釉なだれが起き、長石釉が掛かった胴部にはススキと松を鉄絵で描いている。
本品の様に緑釉と白釉を塗り分けたものを青織部と呼び、織部の中では代表的存在である。

渓橋雨後図

○渓橋雨後図
員数:1幅
技法1:日本画
技法2:絹本著色
作者:川合玉堂(1873~1957)
制作年代:大正3年(1914)頃
法量:縦122.6cm 横41.5cm

 川合玉堂は愛知県出身で、四条派と狩野派の作風を融合、西洋絵画の空間表現を加えて水墨や鮮やかな色彩による独自の画風を確立し、四季折々の日本情緒あふれる風景などを描いた。昭和15年(1940)に文化勲章を受章し、二十六年には文化功労者となった。
 雨上がりの山中、鮮やかに輝く緑の葉を付けた木々が生き生きと繁り、奥にはやや水かさ増した小川が流れ、籠を背負った女性が橋を渡っている。水分をたっぷりと含んだ空気や、木々の様子が叙情性豊かに表現された作品である。