●池田コレクションとは●●●

 「池田コレクション」は、七尾市出身の実業家・池田文夫氏(1907~87)が生涯をかけて蒐集した美術品です。

 氏は戦後間もない昭和23年(1948)に岐阜県大垣市で紡績会社を設立。中部石川県人会会長、日本経営者団体連盟常任理事など重職を歴任し、中部地方きっての経済人として幅広く活躍しました。また、出身地七尾に対する多大な貢献から昭和59年には七尾市名誉市民に推挙されています。

 その一方で池田氏は若い頃より美術品をこよなく愛し、多忙を極める中でも日本・東洋・西洋の広範囲にわたり工芸や絵画・彫刻など数多くの作品を求めました。氏の美術品に対する姿勢は、あれこれ難しく考えるのではなく、とにかく気に入った作品にふれることを楽しみにするものであったといいます。

 そして氏の没後、蒐集した美術品を故郷へ寄附して欲しいという七尾市からの要望により、計125点の作品がご遺族のご厚意によって七尾市に寄附されます。それらは池田氏の名をとり「池田コレクション」と命名、当時七尾市には美術品を所蔵・展示する施設がなかったことから当館が建設される大きな契機となり、平成7年(1995)に開館した所蔵品の中核となりました。

 その後も追加の寄附が行われた「池田コレクション」は現在合計287点。内容は池田氏が活躍した岐阜県美濃地方の「志野」「織部」や、出身地・石川県の「九谷」といった氏ゆかりのやきものに、「唐津」や「楽」などを加えた茶道美術品が中心です。さらに「根来」をはじめとした漆工、日本の近現代作家による日本画および彫刻など、実にバラエティ豊かなラインナップで構成されています。

 いずれも得難い貴重な作品ぞろいで、池田文夫氏の優れた鑑識眼と美術品への深い愛玩を感じさせる、日本情緒あふれるコレクションといえるでしょう。

○後奈良天皇和歌懐紙 
重要美術品
員数:1幅
技法1:書
技法2:紙本墨書
作者:後奈良天皇(1497~1557)
制作年代:室町時代(16世紀)
法量:縦31.0㎝ 横48.1㎝

 後奈良天皇は後柏原天皇の第二皇子で名は知仁。天文5年(1536)に第105代天皇として即位する。当時は朝廷の困窮期であったが、清廉な性格で節を曲げず、和歌や詩文を能くしたという。本書は天皇が詠んだ和歌をしたためたもので、「藻塩草(アマモ)を焼く煙で秋の空が曇り、月が見えなくて恨めしい」という意。
「詠月前煙/和歌/知仁/もしほやくけふりに/くもる秋の空 あ/まのしわさを月やう/らみむ」

 

 

○蓬莱山図
員数:1幅
技法1:日本画
技法2:絹本着色
作者:菱田春草(1874~1911)
制作年代:明治35年(1902)頃
法量:縦120.0㎝ 横48.0㎝

 菱田春草は長野県出身の日本画家。岡倉天心に従い日本美術院の結成に参加する。横山大観らと日本画の新表現を追求、東洋画の気韻の上に自然主義的な色彩感覚を取り入れた没線彩画「朦朧体」を試みた。蓬莱山は中国の伝説に登場する神山で、不老不死の薬を持つ仙人が住むという。本図には海上におぼろげな姿を現す蓬莱山が、柔らかな筆致と淡い彩色によって描かれる。手前には鶴の群れも飛び、神秘的雰囲気が漂う。

 

 

○信楽水指 銘腹鼓
員数:1口
技法1:工芸
技法2:陶磁
制作年代:桃山時代(16~17世紀)
法量:径19.0㎝ 高22.0㎝

 信楽焼は中世以来、近江国(滋賀県)信楽付近で制作されたやきもの。桃山時代頃には茶陶を盛んに生産して茶人たちに愛好された。本品はその水指で、「腹鼓」との銘が付く。下膨れのでっぷりとした形状が、狸の姿を連想させるためか。器表面には各所に長石が吹き出、所々に「ウニ」、そして上部には檜垣文が刻まれるなど、信楽の特徴をよく備える。そして一番の見どころは、なみなみと施されたビロード釉の美しさだ。

 

 

○志野草花文長方形鉢
員数:1口
技法1:工芸
技法2:陶磁
制作年代:桃山時代(16~17世紀)
法量:幅26.0㎝ 奥行24.0㎝ 高5.7㎝

 志野は桃山時代に、美濃国(岐阜県)で制作された美濃焼の1種。長石釉による乳白色の器色がトレードマークだ。それまでの鉢が円形を主流にしていた中で、志野が先駆け的に四方形を導入したことが特筆される。本品は見込に文様を描く四方形の額鉢(皿)。型打ち成形で四方に枠を設け、長石釉を掛けて見込に菖蒲文、周囲の各窓には萩や撫子などの草花を鉄絵によって描く。草花の描写が柔らかくかつ緻密で見事である。

 

 

○根来春日卓
員数:1基
技法1:工芸
技法2:漆工
制作年代:永正15年銘(1518)
法量:幅50.0㎝ 奥行26.2㎝ 高33.0㎝

 根来は中世に繁栄した紀伊国(和歌山県)の根来寺において使用された漆器。仏具や僧侶の日用品としての使用されたことが名の由来という。春日卓とは奈良春日大社で使用された神饌具の一種で、仏殿に香華を供えるための机である。本品は天板に優美な細い鷺脚を4本付け、側面手前と奥に2箇所ずつ、左右には各1箇所ずつ格狭間窓を設ける。天板裏には朱漆で「永正十五年」(1518)とあり、制作年がわかり貴重。