●池田コレクションとは●●●

 「池田コレクション」は、七尾市出身の実業家・池田文夫氏(1907~87)が生涯をかけて蒐集した美術品です。

 氏は戦後間もない昭和23年(1948)に岐阜県大垣市で紡績会社を設立。中部石川県人会会長、日本経営者団体連盟常任理事など重職を歴任し、中部地方きっての経済人として幅広く活躍しました。また、出身地七尾に対する多大な貢献から昭和59年には七尾市名誉市民に推挙されています。

 その一方で池田氏は若い頃より美術品をこよなく愛し、多忙を極める中でも日本・東洋・西洋の広範囲にわたり工芸や絵画・彫刻など数多くの作品を求めました。氏の美術品に対する姿勢は、あれこれ難しく考えるのではなく、とにかく気に入った作品にふれることを楽しみにするものであったといいます。

 そして氏の没後、蒐集した美術品を故郷へ寄附して欲しいという七尾市からの要望により、計125点の作品がご遺族のご厚意によって七尾市に寄附されます。それらは池田氏の名をとり「池田コレクション」と命名、当時七尾市には美術品を所蔵・展示する施設がなかったことから当館が建設される大きな契機となり、平成7年(1995)に開館した所蔵品の中核となりました。

 その後も追加の寄附が行われた「池田コレクション」は現在合計287点。内容は池田氏が活躍した岐阜県美濃地方の「志野」「織部」や、出身地・石川県の「九谷」といった氏ゆかりのやきものに、「唐津」や「楽」などを加えた茶道美術品が中心です。さらに「根来」をはじめとした漆工、日本の近現代作家による日本画および彫刻など、実にバラエティ豊かなラインナップで構成されています。

 いずれも得難い貴重な作品ぞろいで、池田文夫氏の優れた鑑識眼と美術品への深い愛玩を感じさせる、日本情緒あふれるコレクションといえるでしょう。