信楽水指 銘腹鼓

作品名:信楽水指 銘腹鼓

員数:1口

技法1:工芸

技法2:陶磁器

制作年代:桃山時代(16~17世紀)

法量(cm):径19.0 高22.0

箱書:表千家七世如心斎

池田コレクション

 

 信楽焼は中世以来、近江国(滋賀県)信楽付近で制作されたやきもの。桃山時代頃には茶陶を盛んに生産して茶人たちに愛好された。
 本品はその水指で、「腹鼓」との銘が付く。下膨れのでっぷりとした形状が、狸の姿を連想させるためか。
 器表面には各所に長石が吹き出、所々に「ウニ」、そして上部には檜垣文が刻まれるなど、信楽の特徴をよく備える。そして一番の見どころは、なみなみと施されたビロード釉の美しさだ。